リプロスキン 使い方

最終更新日 2018年 4月 21日

リプロスキンの正しい使い方手順を解説!

※こちらもオススメ
→リプロスキンと併用すべきオススメの化粧水・洗顔

 

リプロスキンの正しい使い方と実感のコツ

リプロスキン,使い方

 

ピカイチさんが開発した「リプロスキン」はデコボコ肌のケアに最適な素晴らしい製品ですが、使い方を間違ってしまうと本来の効果を発揮することができません…

 

このページではリプロスキンの正しい使い方を解説します。

 

使い方をしっかり覚えて、ニキビ肌をキレイにしましょう♪

 

最初に、【正しい使い方】のおおまかな流れをまとめておきます。

 

【1】洗顔する

【2】リプロスキンを手にとる
3~5滴を塗り、これを2回繰り返す(合計で7~10滴くらい)

【3】顔(または体)になじませる

【4】保湿する
※化粧水・乳液・美容液をつけてしっかり保湿

 

基本的に、【1】~【4】の流れを朝晩の1日2回行ってください。
(昼にも行うことで1日3回使用してもOKです)

 

効果がアップする使い方テクニックなど

細かい注意点もあります。

詳しくは以下に解説します!

 

リプロスキン,使い方 リプロスキン,使い方 リプロスキン,使い方

リプロスキンの正しい使い方手順

正しい使い方を覚えましょう!

 

【使い方…その1】洗顔をする

リプロスキン,使い方

 

手持ちの洗顔料でお肌を清潔な状態にします。

 

泡は、冷たい水や熱いお湯ではなくぬるま湯で優しく洗い流しましょう。
※冷たい水や熱いお湯はお肌への刺激となります。

 

その後、お肌の水分をポンポンと優しく拭き取りましょう。

 

リプロスキン,使い方 リプロスキン,使い方 リプロスキン,使い方

 

【使い方…その2】リプロスキンを手にとる(3~4滴×2回)

リプロスキン,使い方

 

リプロスキンの1回の適量は、顔に対して7~10滴です。これを2回~数回に分けて使います。
※つまり、3~5滴を顔に塗る、を2回繰り返して合計7~10滴になるようにします。

 

気になる部分には少し多めに塗ってください。

 

また、コットンを使う場合は、羽毛立ちの少ない肌に優しいものを使用しましょう。

 

ポイント!

リプロスキンを手につけてすぐに顔につけるのではなく、少し温めると浸透力がアップします。
※体温に近いほうが馴染みがよくなります。

 

(とった液を両手で挟みこんで数秒待てばOK)

 

リプロスキン,使い方 リプロスキン,使い方 リプロスキン,使い方

 

【使い方…その3】お肌全体になじませましょう。

リプロスキン,使い方

 

顔全体にわたったら、1~2分、手のひらで優しく包み込み、押し込むようにしてしっかりと浸透させます。

 

リプロスキンで整えたお肌は、水分をしっかり整える準備ができました!
ここで潤いを与えれば大きな相乗効果となりますので保湿はしっかりと行ってください。

 

【身体に塗る量の目安】

顔…3~4滴×2回
肩…10~15滴
胸元…10~15滴
ひじ上・ひじ下…5滴
ヒップ…10~20滴
ひざ上…10~15滴
ひざ下…7~10滴

 

※カミソリ負けやお肌が赤くなっている部分、炎症を起こしている部分には使用しないでください。

 

コンディショナーやトリートメントが肌に残っているとニキビの原因になってしまいます。
必ず最後に体を洗い、しっかりと流してタオルで優しく拭きとってからリプロスキンを使ってください。

 

背中ニキビが気になる方、洗い流さないトリートメントを使用の方、髪が長い方は特に注意してください。

 

リプロスキン,使い方 リプロスキン,使い方 リプロスキン,使い方

 

【使い方…その4】お肌を整える

リプロスキン,使い方

 

最後にお手持ちの化粧水、乳液、美容液などでお肌を整えましょう。
いつもより浸透力がアップするので、お肌の潤いが実感できますよ♪

 

ポイント

保湿はオイルではなく、水分をしっかり補えるものがオススメ。ピーリング効果のあるお化粧品との併用は避けてください。

 

※リプロスキン自体がピーリングに似た効果があるため。

 

必ず守って!使い方の注意点

 

必ず守ってほしいこと
【1】必ず、洗顔後1番はじめに使ってください。
リプロスキンは、1番最初に使うことでお肌を柔軟にし、効果を発揮します。

 

【2】適量を使用してください。
少量だと、肌が充分に潤いません。肌をしっかり潤わせて柔軟な状態にできるよう、必ず適量を使用してください。

 

スッピン肌になるためのコツ
【point1】顔全体、隅々までしっかり浸透させる
しっかり顔全体に浸透させましょう。

 

【point2】量より回数
1回の使用で何度も重ねて塗るのではなく、朝晩以外に昼も使用する、というように使用する回数を増やしましょう。

 

【point3】叩かないで!
リプロスキンを浸透させる際、パンパンと手で刺激をしながらパッティングをすると血行が良くなりますが、それは表面的なもの。
お肌への刺激は肌トラブルやニキビ悪化の原因になってしまいます。

 

優しくなじませ、みずみずしいお肌を作っていきましょう。

 

【point4】焦らないで!
お肌が柔らかくなる→化粧ノリがよくなる→キメが整う→お肌がキレイに!
すぐにキレイにしたい!と、劇的な変化を求めて数週間で変化を実感できないとすぐに使用をやめてしまう方がいますが、お肌はキレイになる為の段階があります。
まず4か月しっかりとケアをして、お肌の変化を実感しましょう。

 

リプロスキンの使い方 裏技!

リプロスキン,使い方

 

リプロスキンの効果を120%発揮できる裏技を紹介します。

 

裏技というか、使い方の完璧手順ですね!美肌ケア・ニキビケアに効果的な最良の方法で、ニキビケアだけでなく、3年後、5年後までハリ・ツヤを持続させる方法です。美意識の高い人はぜひ試してみてください。

 

1、泡洗顔

どろあわわで洗顔
↑どろあわわは私が調べた中で一番いいと思う洗顔です。
肌を保護する必要な皮脂を残しつつ汚れを取れるのでニキビ跡ケアにも最適。

 

2、蒸しタオルで顔を温める

肌の温度が上昇すると、スキンケアの浸透力がアップします!
スチーマーを持っている人はスチーマーでもOK。

 

3、保湿

フラコラで保湿
↑高濃度プラセンタの保湿美容液です。ニキビケアに最適なだけでなく、エイジングケア効果にも期待できます。

 

 

【完全版】ニキビ跡ケアだけでなく美肌ケアも完璧にする方法

 

リプロスキンの使い方【完璧手順】

 

【使い方…その1】洗顔
「どろあわわ」がオススメ
(もちろん市販の洗顔料でもOK)

【使い方…その2】蒸しタオルで顔を温める
※スチーマーを持っている人はスチーマーでもOK。

【使い方…その3】リプロスキンを手にとる
※3~5滴を塗り、これを2回繰り返す(合計で7~10滴くらい)

【使い方…その4】顔(または体)になじませる

【使い方…その5】保湿する
「フラコラ」がおすすめ
(もちろん市販の化粧水・乳液・美容液でもOK)

 

リプロスキンを正しく使ってニキビ跡をキレイにしましょう

正しい使い方を覚えましょう

リプロスキン,使い方

いかがでしたか?細かい点に気をつけることで、ニキビ跡ケアの効果をさらにアップさせることができます。
ここでは「どろあわわ」と「フラコラ」を紹介しましたが、基本的にはリプロスキンだけあればOK。リプロスキンを正しく使えば、ニキビ跡ケアにかなりの効果が期待できます。

 

「リプロスキンを手で温める」「蒸しタオルを使う」といったテクニックはリプロスキンに限った話ではなく、普段の洗顔から心がけていると役に立つ方法です。
ここで紹介した使い方はぜひ覚えておいてくださいね♪

 

 

こちらも合わせてお読みください

↓↓↓

リプロスキンってどんな商品?【どこよりも詳しく解説】